暗中 模索。 「暗中模索」の意味と使い方とは?由来や類語・対義語表現も解説

模索 暗中

☏ しかし、先にお伝えしたように「暗中模索」は当人の「もがぎながら解決策を探している今の時点」においては、決して楽観できるものではない可能性もあります。

模索 暗中

⚓ 暗中模索の状態の中、相手のアドバイスを参考にして苦境を乗り越えた。 「私は今まさに、暗中模索です」などと言うことで、真っ暗な中を何とか手探りしながら頑張っています、という意味になります。

20
模索 暗中

🙄 さがしたずねること) 「姿を消したものを探索する」 詮索<せんさく> (意味:細かいところまで、調べ求めること) 「根掘り葉掘りと彼女を詮索する」 洗い出す (意味:丹念に調べて、隠されていら物事や事情を明らかにする) 「重大な問題点を洗い出す」 探る (意味:眼前に確かめられないものを手足の感覚によって探し求めること) 「ポケットを探っても携帯はなかった」 「暗中模索」の対義語 明々白々 (意味:非常に明白なさま) 「明々白々たる証拠が見つかる」 顕著<けんちょ> (意味:いちじるしいこと。 14 「暗中模索」の意味と使い方、類語「五里霧中」との違い、英語表現 「暗中模索」という言葉をご存知でしょうか。 「暗中模索」との違いは、当事者の気持ちです。

4
模索 暗中

♻ 「暗中摸索」の由来は、【隋唐嘉話】という唐代の歴史家がまとめた書物の一節が由来の故事成語です。

模索 暗中

💅 【例文】• 言葉を正しく使用するためには、しっかりと確認しておきたいですよね。 そのため、目上の人が解決策を求めて努力する様子を、安易に「暗中模索」という言葉で表すと、相手によっては失礼になるかもしれません。

16
模索 暗中

🙂 また、ありありとしているさま) 「歴然たる発言を残している」 明らか (意味:物事がはっきりとしているさま) 「彼が怪しいのは明らかである」 明確 (意味:明らかで確実なこと。 「私は暗中模索しながら、毎日を過ごしている」• 「暗中模索の言葉通り、まさに手探りで解決にたどり着こうとしているよ」 「暗中模索」の類語表現(四字熟語) 「暗中模索」という言葉の意味を、他の四字熟語で表すこともできます。 暗中模索しているうちに、少しずつ解決の糸口が見えてきた 例文4. てなぐさみ) 「手弄りで電源ボタンを押す」 模索 (意味:手さぐりで探すこと。

模索 暗中

🤘 それでも何とかしようと暗中模索していたその時、教室のドアが開き先生がこう言った。

模索 暗中

🎇 はっきりしていること) 「事故に遭ったものの意識は明瞭である」 一目瞭然<いちもくりょうぜん> (意味:一目見てよくわかること) 「彼女の様子を見れば、上手くいかなかったのは一目瞭然だ」 歴然 (意味:次々と並ぶさま。

模索 暗中

🤗 漢検準1級レベルの四字熟語です。 「お力を尽くされている」「諦めずに奔走されている」など、別の言葉に置き換えた方が良いでしょう。 また「」は、周りが見通せず状況がさっぱりわからないという意味で共通していますが、打開しようとする様子までは含まれていません。