俺 ガイル ss 嫉妬。 比企谷八幡×雪ノ下雪乃
雪乃「あの頃とはもう違うのよ」

嫉妬 俺 ガイル ss

😊 ううん、やっぱり大丈夫。

19
嫉妬 俺 ガイル ss

🤔 今年は暖冬なんじゃなかったのか?」 小町「細かいことは気にしないんだよ、お兄ちゃん」ニギニギ 八幡「ん、何してんだ?」 小町「えいっ」ピュッ 八幡「」ボスッ 小町「わーい、ヒットー」 八幡「. なんかあたしよりいろはちゃんとのメールの方が多くない?」 八幡「……は?」 結衣「あたしとのメールはすぐ切るのにいろはちゃんとはよくメールするんだ?」 八幡「いや、これはあいつが勝手に……」ジリ 八幡 というかなんで俺は彼女に浮気がバレたみたいな感じになってんの? 結衣「いろはちゃんのことあいつ呼ばわり?ていうか最近ヒッキー、いろはちゃんと仲良くなりすぎじゃない?」 八幡「ぃ、いや、仲良くなんて断じてなっていない。

12
嫉妬 俺 ガイル ss

👏 ストーカー被害に遭い、奉仕部へと駆け込むいろは。

3
嫉妬 俺 ガイル ss

🤘 今日のコイツ、怖いくらいに機嫌良いな」 小町「だねだね~」 小町 やっとカーくんにもお兄ちゃんの良さが分かったかな? 八幡 よし、後で後悔しないように、たっぷりモフっとこう 八幡「. かなり甘めな、いろはすSS。 一分程した頃だろうか、一色はぽつりと言葉を漏らした。

1
嫉妬 俺 ガイル ss

☭ もうどこも就職できないんだ」 雪乃「あら?どこか忘れてないかしら?」キリリッ 八幡「え?」 雪乃「私のところで一生メイドをやりなさい。 そこにいたのは校内一の才女として知られる雪ノ下雪乃。

16
嫉妬 俺 ガイル ss

☯ そして、その日に二人とも仕事が入り、あえなく断念. いつも任せてしまって、その…ごめんなさい」はぁ… 由比ヶ浜「うーうん!これくらい全然大丈夫だよ!ていうかあたしこそ毎回勉強教えてもらってるんだし、これくらいさせてよっ! 事情はわかったかしら?」 結衣「え、えーと…それで…そのヒッキー…ううん、隼人くんの好きな人って…」 雪乃「そ、それは…その…あの…非常に言いにくいんだけど…」 八幡「小町だ」 雪乃「へ?」 八幡「いや、戸塚かもしれん…」 雪乃「は?」 結衣「そっかー。 貶してきたが正しい。 沈黙の長さを3点リーダで表現しているのですが、あまりにも多いのがちょっと気になりましたが、作品自体のレベルは高いです。

11
嫉妬 俺 ガイル ss

💕 普通とは違う、特異な関係……私の、望んだ関係) 雪ノ下(だけど、そんな関係でも……私は、あなたの言葉で、あなたの思いを知りたいわ、比企谷君) 終 元スレ. このの問題か?」 小町「うん、そこ」 八幡「これは、たすき掛けしたら簡単だろ」 小町「たすき掛け?」 八幡. それでは、おやすみなさ~い」 一同「おやすみ~」 ガラララ パタン 八幡「じゃ、寝るか」モゾモゾ 小町「. 小町「あ、もしかして、小町の格好に興奮しちゃった?」 八幡「. 独特な人間観・人生観を持つ八幡に呆れ、戸惑うこともしばしばの雪乃と結衣という構図の中、タイプの異なる三人は思いがけず始まった関係に次第に馴染んでいく。 93 雪乃「ねえ。 俺が何かを言う前に扉をたたいた主はずんずんと、俺の前まで来た。

13
嫉妬 俺 ガイル ss

😭 生徒会室に着くと一色は目の前の段ボール箱を指さしこういった。 ?」 小町「あ、ホントだ。

嫉妬 俺 ガイル ss

😃 お兄ちゃん ~旅館~ 結衣「うお~! 綺麗なお部屋!」 雪乃「なかなかね」 小町「お二人とも、急なお誘いなのに来てくださってありがとうございます!」 結衣「ううん、こちらこそだよ! すっごく嬉しい!」 雪乃「それで小町さん、これ。 だいたい部室は部員が自由に使える空間だ、俺だって部員だし残りたいときだってある」 「・・・そう。

20