えい らく あらすじ 52。 瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~

らく あらすじ 52 えい

🚒 そこでは 寿康 じゅこう宮から紛失したものが売られていた。 瓔珞は小全子を使って盗品の売渡先を知り、そこから買い戻して市に並べたのだ。

らく あらすじ 52 えい

🤩 実母は裕太妃耿氏。 しかし乾隆帝は新しい皇后を決めませんでした。

6
らく あらすじ 52 えい

😁 同じ頃、瓔珞が純貴妃殺しの犯人だと疑われている事を知って乾隆帝へ近づこうとする舒嬪。 瓔珞は葉天士が証人であると宣言し、第五皇子にその治療を受けさせる許可を得る。 この時代、高貴な女性を名前で呼ぶことはなく、記録もありません。

らく あらすじ 52 えい

🌏 皇后に話を振られた純貴妃は「妃嬪は陛下を楽しませなければならない、その技量のないものが何を言っても無駄だ」とはねつける。 突然のことで誰もその兆候を知る者はいなかったとされる。

12
らく あらすじ 52 えい

☮ 瓔珞は富察皇后を死に追いやった黒幕を殺害し、仇を討ったが、実はある人物が自分を利用していたことに気づく。

7
らく あらすじ 52 えい

👌 つまりこの延禧宫を舞台に繰り広げられるサクセスストーリーなので、 攻略としたのでしょう。 中国ドラマがここまで世界から注目を集めた例はありません。

15
らく あらすじ 52 えい

😙 しかし、予期せず乾隆帝からも寵愛を受け…。

10
らく あらすじ 52 えい

❤ 脚本:. 乾隆帝が冷遇するのは、傅恒との過去があるからだと瓔珞は話す。 この前の年に孝賢純皇后が亡くなり、嫻貴妃が皇后となっている。 彼女の人柄に気がつけた人物だけが残る。

13
らく あらすじ 52 えい

⚠ 昨日永琪に璎珞を頼れと行ったのはそのためです。

16