花山院 の 出家 品詞 分解。 女郎花 品詞分解

分解 花山院 品詞 の 出家

😒 あはれにかなしきことなりな。 訳:「お帰りになる (ような)こと」 こと =名詞 は =係助詞 ある =ラ変動詞「あり」の連体形 まじく =打消当然の助動詞「まじ」の連用形、接続は終止形(ラ変なら連体形) 思し =サ行四段動詞「思す(おぼす)」の連用形。 漢字見て、見当をつけていますが、それだって話がわかるからです。

分解 花山院 品詞 の 出家

🤲 おだてる。 同二年(=安和二年)八月十三日に、春宮にお立ちになりました。

12
分解 花山院 品詞 の 出家

🖖 寺で何が起こるんでしょう?誰が誰を何に成すんでしょう? 前に行きましょう。

3
分解 花山院 品詞 の 出家

👇 どうしたものだろう。

20
分解 花山院 品詞 の 出家

🍀 〇古文・花山天皇の出家「いかに、かくはおぼしめしならせおはしましぬるぞ」 ・いかに・・・・・・疑問の副詞。

13
分解 花山院 品詞 の 出家

😒 その家、土御門(つちみかど)町口(まちぐち)なれば、御道なり。 ちなみに道兼の父親は兼家、女癖の悪いおじさんです。 けれ =過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形。

9
分解 花山院 品詞 の 出家

🤟 給ひ =補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。 花山院にとってはだまされたようなもの。

3
分解 花山院 品詞 の 出家

🤔 粟田殿(=藤原道兼)からの敬意。 」と申しければ、目には見えぬものの、戸を押し開けて、御後ろをや見参らせけむ、「ただ今、これより過ぎさせおはしますめり。 動作の対象である花山院を敬っている。

11
分解 花山院 品詞 の 出家

⚡ 形、姿。 」 や=疑問の係助詞、結びは連体形となる。

3