年の功 ことわざ。 亀の甲より年の劫、亀の甲より年の功

ことわざ 年の功

😇 「年の劫」は年長者が生きてきた時間のことなので、長くとも100年前後であるはずです。 烏賊 いか の甲より年の功:イカの甲はあまり役に立たないが、年の功は積めば積むほど価値があるということ• 更新された記事• 年長ものやお年寄りは、それだけ長い期間生きてきたので、それだけ経験も豊富で、それによって得た知識や知恵はとても尊いものです。 年配者は、謙遜を含んでの発言だったら、そこに自分も便乗してしまうと、「爺さんだからね」と言われている気分になるかもしれません。

19
ことわざ 年の功

✌ 高齢者、先輩、親など年上の人達は、長く生きている分、より多くの経験値を持っているので、話をちゃんと聞くことは大切だよと伝えたい時によく使います。 「亀の甲より年の功」の意味 「亀の甲より年の功」とは、 年長者が長年培って来た知識や経験はとても貴重で価値があるという意味です。 【出典】 - 【注意】 「亀の甲より年の効」と書くのは誤り。

20
ことわざ 年の功

😙 亀の甲より年の劫(亀の甲より年の功)とは、年長者の経験の豊かさを高く評価することわざであるが、亀の甲羅を意味する「亀の甲」と、人間の長寿を意味する「年の劫」との関係を理解している人は少なく、「万年生きても少しも進歩しない亀の甲羅に対して、経験や知識を蓄えて進化する人間の長寿は貴いのだ……」などと、誰もがいい加減な解釈をしてなんとなくわかったような気になっている。 「亀の甲より年の功」の失礼な使い方 年配の人が何かを成し遂げたときに自分で「まぁ~年の功だからね!」と言ったとします。 2021-03-01 19:39:21• 会話の中にことわざを織り込むのはカッコ良いですが、少々難しい点もあります。

7
ことわざ 年の功

😇スポンサードリンク 由来について 年長者の言葉を尊重する、というのは分かります。 老馬 ろうば の智 ち :無能に見えても人生経験を積んだ老人は、物事の判断を誤 あやま らないということ まとめ 以上、この記事では「亀の甲より年の功」について解説しました。

9
ことわざ 年の功

😁 「亀の甲より年の功」の例文• 2021-03-01 19:39:33• 話をしている相手との関係性をよく考えて、使うか使わないかの判断をしてみてください。

5
ことわざ 年の功

☢ つまり、亀は万年生きると言われていても、所詮「亀の甲」は甲羅でしかなく、人間は八十年程度の寿命であっても、 年配の人たちが経験から得た知識はとてもためになるため、価値があり、尊敬するべきであるという教訓です。

3
ことわざ 年の功

😛 ですが、亀の甲とどんな関係があるのか。 どんなに学問を積んでも、経験を超えることは難しいものです。 2021-03-01 18:00:00• 「騏驎(きりん)も老いては駑馬(どば)に劣る」とは、「騏驎のような駿馬(しゅんめ:足の速い馬)でも年を取ると駑馬(足ののろい駄馬)にも負ける」という意味で、「どんなに優れた人でも年老いると普通の人にも及ばなくなる」ことを例えることわざです。

12
ことわざ 年の功

🤞 2021-02-28 18:00:00• 「亀の甲より年の功」の類義語としては、• 読み方 亀 かめ の甲 こう より年 とし の功 こう 意味 長年かけて積んできた経験は貴重であり、価値があるということ 類義語 松毬より年嵩、医者と坊主は年寄りがよい、老いたる馬は道を忘れずなど 対義語 麒麟も老いては駑馬に劣る、負うた子に教えられて浅瀬を渡る、出藍の誉れなど 英語訳 Age and experience teach wisdom. その小学生は、おじいちゃんやおばあちゃんから様々な生活の知恵を教えてもらって、 亀の甲より年の功だということを実感した。

2
ことわざ 年の功

🙂 亀 かめ の甲 こう より年 とし の功 こう : 長年かけて積んできた経験は貴重であり、価値があるということ 「亀の甲より年の功」の意味を詳しく 「亀の甲より年の功」とは、 「長年かけて積んできた経験は貴重であり、価値があるということ」を意味することわざです。 「未来永劫 みらいえいごう 」といった言葉にも使われています。

16