武漢 コウモリ 食べる。 新型コロナの危険察知の“コウモリ女”の口を封じた17歳下“美人”上司(西岡省二)

コウモリ 食べる 武漢

😩 はやく感染源の特定と新型肺炎の治療薬出来て欲しいですね! 日本にはもう感染患者を増やしたくない!中国人こないで~~!. 中国国家衛生健康委員会の専門家チームのトップでSARSの専門家でもある鍾南山氏は、このたびの新型コロナウイルスの発生源は市場で売られていた野生のタケネズミやアナグマなどにあると推測し「野生動物を通じて人に感染する可能性が高い」と話している。 感染公表後、武漢政府は素早く「武漢華南海鮮卸売市場」(以下、海鮮市場)を封鎖し、ここが新型コロナの発生源だ、と世界に印象づけた。

16
コウモリ 食べる 武漢

💕 中国の専門家はテレビ局のインタビューに対し、ウイルスの発生源について「タケネズミやアナグマの可能性がある」と述べた。 (2回目ですが、グロ画像あるので見たくない人は離脱してください) 実はこの市場は1月1日から閉鎖されています。 市場で売られている食用の野生動物 2002年に猛威を振るった SARS(サーズ)は中国の広州の野生動物の市場が発生源とされています。

18
コウモリ 食べる 武漢

💓 それでも中国政府は、新たなウイルスの流行を防ぐためには野生動物を扱う業界の規制強化が不可欠だということを認めた。

17
コウモリ 食べる 武漢

🤚 北京の専門家はこの野生動物から人へ感染したと見ている。 完全に封鎖されています。 時間がかかるものだ」と語る。

16
コウモリ 食べる 武漢

⌛ センターからウイルスが広まったのではないかともいわれた。 それによると、2017年5月の地元紙「武漢晩報」がセンターの職員が防護器具を着け忘れ、コウモリの尿が体に落ちたり、コウモリの血液が研究員の皮膚に付着したりとの事故が発生したという。 さて、媒介生物が特定されて、それがタケネズミだったとしましょう。

コウモリ 食べる 武漢

🖕 日本では、コウモリは益獣。

20
コウモリ 食べる 武漢

🤣 SARSの場合、そのウイルスの起源はコウモリだった。 1月22日、中国・湖北省武漢の当局は、生鮮市場での生きた動物の販売を禁止した。 1月24日に武漢金銀潭医院副院長らが「ランセット」という著名な国際医学雑誌に掲載した論文にも、最初に入院した41人の患者のうち27人が「海鮮市場」に行ったと書いてあった。